展示会巡り。。

展示会色いろ、、見てきました。

東京はいつも刺激がいっぱいです。

規模が違いすぎます。

本物を感じるのには、空間、空気、音、携わる人があってこその作品。

今回は、三宅一生の素材に対する想いや、ルイヴィトンの職人さんの手仕事、、新鮮でした。

革の業界の躍進ぶりも感じられました。

やっぱり大事、、。自分の目で体で感じる事。

頭の中の想像を超えるものばかり。

 

物との出会いもいくつかあり、、、。

出向かないと出会えないものばかり。。

 

築地では新鮮なモノをいただき、、活気をいただき、、心も体も健康!

 

この経験をまた活かして、今週からも教室がんばりますね。。