部品や金具を使いこなす。

 左のバッグと右のバッグの考え方は、基本的には一緒です。

パターンの取り方は、実践をかさねると想像がつくようになってきます。

 

右の金具は、久しぶりに使いました。

オイルレザーの革の厚みに、泣かされて、最後は生徒さんのご主人さんの腕によって完成しました!

ご主人の事は、わかっていましたので、家でご主人に見せてみて。。と最後の固いネジを託したところ、帰って間もなく、「せんせ〜〜出来ました」!と!よかったです〜〜〜!

 

最後の「力」「要領」の部分は、職人気質の方の出番でした。

感謝!!

 

金具を使いこなすには経験あるのみです。思っても見なかった落とし穴もあったり....

 

腕を上げて来ている生徒さん達に対応するべく、私も力を身につけなきゃ?!

 

*教室カレンダー